株式会社寺部食品   株式会社寺部食品
寺部食品の手法

■青じそ加工研究会とは

青じそ加工研究会とは、生産額全国一の青じそ生産地である愛知県豊橋市の108の農家と地元の食品メーカー10社が、次世代に継承できる価値ある地域ブランドを目指して共に商品開発を行っているチームです。

この活動に対して経済産業省と農林水産省から2009年に「農商工連携等事業認定」、2010年は地域を活性化する取り組みとして全国代表30事例の「ベストプラクティス30」に選出されました。

■青じそ加工研究会のこだわり

1. 安全で高品質な青じそを作っています

2. 特許技術「ソフトスチーム」を活用しています

3. 1業種1社厳選で商品開発を行っています

4. お客様との信頼関係を大切にしています

 

■寺部食品の商品

「青じそ寄せ豆腐」 ※1丁で約12枚の青じそを使用しています

お豆腐づくりに定評のある愛知県産大豆「フクユタカ」の豆乳に、新鮮な青じそを特許技術でペーストしたものを加えます。

絶妙な温度帯と熟成時間で、寄せ豆腐独特のクリーミーな食感と、舌に残る大豆の甘みが心地よく、青じそのさわやかな香りが

後味をスッキリと引き締めてくれます。

copyright©2008 TERABE-SYOKUHIN co., ltd. all rights reserved.
株式会社寺部食品 〒442-0842 豊川市蔵子七丁目16-6 TEL0533-86-2554 FAX0533-84-7365